運営協議会が開催されます。

本年度の運営協議会が
八丈島一般廃棄物管理型最終処分場にて開催されます。

日時 11月27日(月) 午前10時~12時まで

会場 八丈島一般廃棄物管理型最終処分場会議室

議題 1、維持管理項目の確認について
    2、その他

★傍聴も可能です。お時間のある方はぜひ傍聴に来て下さい!

スポンサーサイト

10月の定期水質検査・立会い(測定結果)

10月26日(木)
今月の水海山処分場・水質調査に立ち合いました。
ユーロフィン日本環境株式会社さん、処分場管理業者さんとの計測結果は下記の通りです。

10月26日(木)
                pH          COND
上流モニタリング井戸  6.14 (先月6.54)  14.97mS/m (先月 27.4mS/m)
下流モニタリング井戸  6.44 (先月6.81)  38.7(先月 34.7mS/m)     
放流水(*)      6.72  (先月6.90) 207mS/m  (先月232mS/m)     
浸出水(**)     8.73 (先月9.38)  315mS/m  (先月407mS/m)

(*) 「放流水」は、薬品処理され三原山に直接流されている水です。
(**) 「浸出水」のpHが、基準値[5.8~8.6]を上回り 8.73 と高い値を示しました。

10月の定期水質検査・立会い(様子)

10月26日(木)
今月の水海山処分場・水質調査に立ち合いました。
ユーロフィン日本環境株式会社さん、処分場管理業者さんの計測結果は後日お知らせしますね。

上流井戸の検査の様子です。
測定の様子

上流井戸内。水がたまらないのでバケツ内の水を測定します。(>_<)
上流井戸内の水はバケ内から

水質検査の様子。
水質検査

下流井戸。酸素量が18%を下回り警報が。(17台でした。上流は21%)
酸素量計測

夏はほとんどありませんでしたが、今日は水が多かったです。
下流井戸内には水が

処分場内は雨水がたまっていました。
処分場内の様子

また、埋め立て前の焼却灰の数が多く残されていました。
雨が多かったせいでしょうか・・・?
2017年10月

今年6月の様子はこちら。
処分場内2017_06

9月の定期水質検査・立会い

9月21日(木)
今月の水海山処分場・水質調査に立ち合いました。
ユーロフィンEAC株式会社さん、処分場管理業者さん、一部事務組合さんとの計測結果は下記の通りです。

9月21日(木)
                pH          COND
上流モニタリング井戸  6.54 (先月6.42)  27.4mS/m (先月 14.62mS/m)
下流モニタリング井戸  6.81 (先々月6.7)  34.7(先々月 42.9mS/m)  ※先月は水が無く欠測     
放流水(*)      6.90  (先月6.32) 232mS/m  (先月314mS/m)     
浸出水       9.38 (先月6.85)  407mS/m  (先月467mS/m)

*「放流水」は、薬品処理され三原山に直接流されている水です。
 「浸出水」のpHが、基準値[5.8~8.6]を上回り 9.38 と高い値を示しました。

8月の定期水質検査・立会い

8月22日(火)
今月の水海山処分場・水質調査に立ち合いました。
ユーロフィンEAC株式会社さん、処分場管理業者さんとの計測結果は下記の通りです。

8月22日(火)
                pH          COND
上流モニタリング井戸  6.42 (先月6.17)  14.62mS/m (先月 10.59mS/m)
下流モニタリング井戸  - (先月6.7)  -(先月 42.9mS/m)  ※水が無く欠測     
放流水(*)      6.32  (先月6.77) 314mS/m  (先月294mS/m)     
浸出水       6.85 (先月7.35)  467mS/m  (先月542mS/m)

*「放流水」は、薬品処理され三原山に直接流されている水です。
  「浸出水」のCONDが467mS/mと高い値を示しました。
 「下流モニタリング井戸」には、水がなく測定できませんでした。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
八丈島の緑と水を守って下さい
八丈島の緑と水を守って下さい3
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード