スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月の定期水質検査・立会い

7月9日(木)
今月の水海山処分場・水質調査に立ち合いました。
㈱むさしの計測さん、処分場管理業者さんとの計測結果は下記の通りです。

2015年7月9日(木)
                pH     COND
上流モニタリング井戸  6.94  12.6mS/m 
下流モニタリング井戸  7.02  36.2mS/m       
放流水(*)          6.92   164.1mS/m       
浸出水           8.36  167.1mS/m

*「放流水」が、三原山に直接流されている水です。

最近の大雨のせいか 処分場内は池状態でした。
ところどころ 湧き水のようなポコポコと水面が盛り上がっていました。
浸出水 ピットは締められていました。念の為 地下水ピットも閉じられていました。
地下水ピットは大雨が溜まった為ポンプで汲みあげたそうです。

上流井戸の横にある雨水桝の石積の上に枯れ葉が大量にのこってました
土のうを乗り越えて水が入ったと思われます。
上流井戸水は 少し茶色がかっていました。
大量の雨水があったため山のミネラルぶんが含まれたと思います。
スポンサーサイト

大雨の影響で

2日早朝発令された「土砂災害警戒情報」
それから約半日後、
大雨の影響で大川水源を源にする大川浄水場の運転が一時的に止められました。回復の見込みは4日の午前中。

三原山の涵養量が心配です。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
八丈島の緑と水を守って下さい
八丈島の緑と水を守って下さい3
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。