スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月の定期水質検査・立会い

6月15日(木)
今月の水海山処分場・水質調査に立ち合いました。
ユーロフィンEAC株式会社さん、処分場管理業者さんとの計測結果は下記の通りです。

6月15日(木)
                pH          COND
上流モニタリング井戸  6.48 (先月7.22)  10.96mS/m (先月 8.02mS/m)
下流モニタリング井戸  6.46 (先月6.89)  36.4mS/m (先月 45.3mS/m)     
放流水(*)      6.79  (先月7.04) 252mS/m  (先月210mS/m)     
浸出水       8.06 (先月9.39)  1034mS/m  (先月124.4mS/m)

*「放流水」は、薬品処理され三原山に直接流されている水です。
  「浸出水」のCONDが1034mS/mと、先月より「8倍」以上高い値を示しました。

処分場埋立地内
処分場内2017_06

上流井戸の水質検査(上流モニタリング井戸)
上流井戸水質検査2017_06

上流井戸の水は「井戸に水がたまらないので」、井戸底に置かれたバケツからすくっている。
上流井戸内2017_06

下流井戸の水質調査(下流モニタリング井戸)
下流井戸水質検査2017_06

管理棟内で濾過処理した水の水質検査(放流水)
放流槽内水質検査2017_06

最後に、処分場内から排出された水(浸出水)
浸出水2017_06

浸出水の水質検査
浸出水水質検査2017_06
スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
八丈島の緑と水を守って下さい
八丈島の緑と水を守って下さい3
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。