スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水海山とは

水海山の場所
クリックで拡大

 末吉地区にある水海山は標高約400mの場所に位置し、今も自然が多く残っている所です。水海山には、昔は湖水があったのでこの名がつけられたと言われており、八丈実記に「水海山は古絶項に湖水あり、麓を黒滝の池という。今はなし」とあります。

 昭和25年頃から入植者によって開墾されたが、余り効果は上らず、昭和45年に部落全戸が離農、水海山集落は解消されました。その理由は雨や霧が多く生活が困難だった為とも言われています。

 事実、佐藤キエ子氏 (日本大学文理学部地球システム科学科元教授)
がタイムスに寄せたコメントによれば、水海山の降水量を測定したところ、雨量の多さのため欠測がたびたびあった場所とされている。(タイムス参考記事)


グーグル地図

地図がズームされて表示されるので、左上にある[-]ボタンで縮小してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
八丈島の緑と水を守って下さい
八丈島の緑と水を守って下さい3
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。