スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水海山・工事見学会

2010年11月20日(土)

工事が始まり、初めての現地説明会が行われました。

現在、地盤改良が行われており、
下記の写真は、中層改良工事の説明を受けている様子です。

見学会2010/11/20

セメントミルクを注入し、攪拌しながら杭状に打ち込んでいます。
地盤の固い地層まで、杭を打ち込みます。

杭の本数は、強度の必要性により3タイプに分かれ
Aタイプ(改良率34.9%)、Bタイプ(改良率40.2%)、Cタイプ(改良率78.5%)
強度の一番強いCタイプは、浸出水処理施設、防災調勢池の直下となります。

気になる、
焼却灰の埋められる直下は、Aタイプとなります。(上記の写真で杭が打ち込まれている場所が直下)



下記の写真は、水処理施設・側面のコンクリートが本日打ち込まれました様子です。
一番下層の面だそうです。

水処理施設


同じく水処理施設の側面なのですが、工事現場は
雨水でぬかるんでいました。

ちなみに昨日の降水量は3mm以下でした。

水処理施設側面下


青いシートの上に、白い看板が見えると思います。
向かって右側(→)が、410m
向かって左側(←)が、412mの高さです。

この高さが、土手の最上部となります。
両サイドの土手は、更に削られ埋立地が建設される予定です。

土手の高さ

見学参加者からは検知システム設置を強く求める声が上げられ
町議からも検討するようとの要請がありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
八丈島の緑と水を守って下さい
八丈島の緑と水を守って下さい3
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。