スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産廃処分場から汚水漏出か 松山、遮水シート破れ?

10月3日、朝日新聞・愛媛面の記事から。


産廃処分場から汚水漏出か 松山、遮水シート破れ?

 松山市が産廃処分業者レッグ=許可取り消し済み=に代わり排水処理施設の管理を執行している同市菅沢町の産業廃棄物最終処分場で、底に敷いた遮水シートが破れて汚水が漏出している可能性があることがわかった。市が2日、専門家9人でつくる市廃棄物処理施設審議会で説明した。
 市廃棄物対策課によると、8~9月に電流を使った漏洩(ろうえい)検知探査などで遮水シートの状態を調べた結果、地下約20メートルでシートに破れた疑いのある箇所があったという。大きさや原因などは不明。処分場内の2カ所で実施したボーリング調査では基準値を超える有害物質は検出されなかったという。
 審議会は今後、遮水シートの状況や周辺の地下水の水質などを調べるための方法をとりまとめ、野志克仁市長に答申する方針。これらの調査や対策にかかる費用について、市は「産業廃棄物特別措置法」の適用期限内(来年3月まで)に申請し、国から事業費の補助を受けることを検討していることも説明した。同課の担当者は「早急に調査し、現状を知りたい」と話している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
八丈島の緑と水を守って下さい
八丈島の緑と水を守って下さい3
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。