過去の洪水跡確認 (2008年9月19日 南海タイムスより)

津久井准教授 「豪雨時の水量 評価を」

最終処分場計画地・水海山で、過去にも何度も洪水があったことを示す土石流の堆積物が見つかった。(=写真キャプション・「れきが並んでいて、降り積もった火山灰とは堆積の仕方が違う」と津久井准教授)。八丈島の地質、火山噴火史を研究して20年になる千葉大学大学院理学研究科の津久井雅志准教授が9日、確認した。
 土石流の堆積物は、都道から計画地に向かって40メートルほど入った道沿いにあり、道路面からの高さは約2メートルに達する。
 「水海山周辺は、もとは三原山東部の新しい火山の溶岩や火山灰が堆積してできた緩やかな平地で、そこに刻まれた谷底にに処分場と取り付け道路が計画されている。普段は水の流れがなくとも、台風や集中豪雨のときには、周囲に降った雨が斜面に沿って集まり、泥や砂とともに路面を流れる」と、津久井氏はいう。
 また、計画地周辺は急斜面であるため、手が加えられると不安定になり崩れやすくなるという。
 「人工的な被覆のない現状でも、大量の降水が一時にあると地下に水が浸透する速度が追い付かずに洪水が起きてきた場所なので、地表を遮水シートやコンクリート・アスファルトで覆えば、洪水が日常的に起きるようになる。処分場に焼却灰等が入っていない段階ではよくても、いずれ満杯になった頃には、ごみ自体が溢れ出る可能性も懸念される」と、立地の特性を指摘した。
 「地下水は専門ではない」としながらも、表流水と浅い地下水については「地形に沿って海側へ流れる」と述べ、東京都島嶼町村一部組合がこれまで説明してきたことと同じ意見だった。ただ、地下の深いところへ浸透した水の流れについては、調査をしなければわからないという。 
 洪水跡が見つかったことは「水源への影響をいう以前の問題で、慎重な対応が求められる」と津久井氏。「水海山での豪雨のときの時間あたりの雨量や連億雨量の実績の把握が必要。17年の長い期間にわたり使用し、その後も事故なく管理していくためには、きちんと水量を評価して、十分余裕をもった仕様で対応する必要がある」といも語った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
八丈島の緑と水を守って下さい
八丈島の緑と水を守って下さい3
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード