公開質問状にて二週間以内の回答を求めました。

水海山の緑と水を守る会では、2009年9月24日、公開質問状を東京都島嶼町村一部事務組合 管理者 藤井静男様に送付致しました。(9月26日に配達証明を確認しました。)

●公開質問状

(はじめに)
 水海山は富士箱根伊豆国立公園内の第三種特別地域に位置し、自然公園法の施行規則で廃棄物処分場の設置は認められていません。

 環境省は特別地域(八丈島の75%)以外での設置が著しく困難と認め、許可基準を緩和して、設置を認める特例を9月1日に告示しました。(告示後に事業者の許可申請が可能)

 特例の告示前の手続きとして、意見募集(パブリック・コメント)が実施され、国民の意見と環境省の見解が公開されました。今回の水海山では857件の意見(設置を認める告示に賛成は2件)が提出され、その多くは、反対や不安を訴える意見でした。この様に多くの反対や不安の意見が寄せられたのは、緑と水に恵まれた水海山をこのまま残したい思いや、事業者の一組や八丈町が十分な説明責任を果たしてこなかった事が背景としてあるからです。

以上のことを踏まえて質問します。

◎計画段階において、水海山は富士箱根伊豆国立公園内の第三種特別地域に位置し、自然公園法の施行規則で廃棄物処分場の設置は認められていないことを、町や島民に対して十分な説明をしてきましたか?

◎住民説明会(昨年9月)後に増額された7億円(地盤強化費)の事業内容についての説明 がされていません。追加の説明会はいつ開かれますか?

◎埋立容量49,500立方メートルの根拠として、計画検討段階(平成13年)での伊豆諸島全体の総埋立容量149,000立方メートルを上げています。積算当時と比べ、人口減少や資源分別(今年4月)の拡大で焼却灰が約三割減少し、今後も続く人口減や計画中のゴミ有料化等で、さらに減少が予想されます。現時点でのデータで積算を見直し、適正な規模に見直す考えはありますか?

◎本体工事、取付道路の工事に於いて、自然環境への影響を最小限に抑えるための配慮として、どのようなことを考えていますか?

◎水海山は研究者の方々が『将来的な水源地の可能性のあるところ』『天然の地下ダムの可能性が高い』等と指摘している場所です。世界規模で深刻な水事情を考えると、この場所に処分場を造ることは将来を見ない無責任な行動ではありませんか?

 以上の質問についての回答を二週間以内に文書をもってお答え下さい。


//////////////////////////////////////////

平成21年10月2日付けで、下記の回答が届きました。

公開質問状に対する回答期限について

 平成21年9月24日付けで貴会より郵送されました公開質問状につきまし
ては、内容を精査し可能な限り回答する方向で検討しています。ただし、貴
会の設定された期限(2週間以内)では、回答しかねますので、お知らせ
します。

//////////////////////////////////////////

平成21年11月19日付け発送の回答が、21日に届きました。
詳しくはこちら

//////////////////////////////////////////

平成21年11月30日、一組に再度質問状を発送しました。
詳しくはこちら
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
八丈島の緑と水を守って下さい
八丈島の緑と水を守って下さい3
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード